防災・防犯


□ 南台5丁目 防災地図作り イベント の 趣旨・概要

 

南台5丁目 防災地図作り 

                                                                   (2018/10/28

1.はじめに

 避難の時に危険な場所・災害時に役立つものがある場所

など、皆さんはご存知ですか?

これらの災害時の重要な情報源として、また普段から地域

防災を考えるうえで利用できるのが「防災地図」です。

 さらに、防災地図から得られる知識に加えて災害時に大切

になるものが、地域住民のつながりです。東日本大災害など

を例に、大規模な災害が起きたときに避難所の支援などにおいて行政の手がとどく範囲を超える事が予想されます。

そうした状況下で協力して避難生活を送るには、普段からの地域住民どうしの関係構築が欠かせません。

今回は地域防災の知識を得、町会員が顔を合わせる機会を作るために、南台5丁目の防災地図を作成します。

2.目的

 *町会員どうしでコミュニケーションをとる場づくり。

 *高齢者、体が弱い、不自由な住民、子どもが、地震・火災*が起きたときに安全に避難できるような地図を作る。 

 *区が配信している防災地図ではわからない、具体的な災害時の注意点や危険個所を明らかにする。

        (注*…水害については、区から詳しい情報が掲載された資料が各家庭に配布されているため、行わない。)

3.手順

(1)町会員で集まって地図を作る

   1300~ 企画内容の説明

   1320~ フィールドワーク

   1400~ 気づいたこと等の話合い・まとめ

   1500

   1530  終了

(2)後日、リーダーKTHがパソコンで地図を清書する。

(3)掲示板、回覧板、南台5丁目ホームページなどに地図を掲載して周知する。

                                                                                                                                                       以上


▢ 南台五丁目町会の避難場所は 南中野中学校